ダイエット 糖尿病 カロリー制限 糖質制限

ダイエットや糖尿病でなぜカロリー制限より糖質制限が重要なのか?

ダイエットや糖尿病でなぜカロリー制限より糖質制限が重要なのか?

 

最近はダイエットをする時カロリーではなく糖質を制限したり、糖尿病の食事療法で糖質の量を減らすなどカロリー制限より糖質制限が重要だといわれることが増えてきました

 

糖質制限に関する本なども何冊も出版されており糖質制限に強い関心がある方も少なくないと思います。

 

なぜ糖質制限が重要なのでしょうか。

 

そのためにはまず血糖値を上げ下げするホルモンについて知っておく必要があります。

 

血糖をコントロールするホルモン

ダイエットや糖尿病でなぜカロリー制限より糖質制限が重要なのか?

 

人間の体には血糖値を上げるホルモンと下げるホルモンがどちらとも備わっています。

 

血糖値を下げるホルモンはインスリンです。とても有名ですね。

 

しかし同時に血糖値を上げるホルモンも存在しています。

 

実は血糖値を上げるホルモンは5種類あってグルカゴンを中心としてステロイドホルモン・カテコールアミン・甲状腺ホルモン・成長ホルモンも血糖値を上げます。

 

下げるホルモンはインスリンの1種類ですが、上げるホルモンは5種類もあるのです。

 

それは人間のこれまでの何百万年の歴史で食料が少ない飢餓の状態が長く続き、血糖値を上げる仕組みが欠かせなかったからです。

 

このように人間はもともと血糖値を上げやすい仕組みを備えているといえます。

 

日本人は血糖値を下げるインスリンの分泌能力が低い

ダイエットや糖尿病でなぜカロリー制限より糖質制限が重要なのか?

 

元々人間を血糖値を上げやすくなっていますが、日本人はさらにインスリンと呼ばれる血糖値を下げるホルモンを分泌する力が弱い人種です。

 

そのためたくさんの糖質をとった時に血糖値が上がりやすいです。

 

一方欧米人はインスリン分泌力が強く沢山糖質をとってもインスリンがたくさん出て中性脂肪へと変化させてさせてくれます。

 

そのためよほど太らないと血糖値が上がって糖尿病にはならないのです。

 

ですので、欧米人は痩せている方で糖尿病になっているという方は1型糖尿病の方以外はあまりおらず、ほとんどの場合は肥満をして糖尿病を併発しているケースが多いです。

 

日本人の糖尿病患者は太っていない方が50%

日本人はインスリンの分泌力が弱く、太るほどたくさん食べていなくても血糖値が上がりやすくなっています。

 

そのため糖質を摂りすぎたり肥満をしていないのに糖尿病になってしまう方が多くいます。
実際に日本人の糖尿病患者では半分の方は肥満ではなく普通の体型をしています。

 

そのため頑張ってカロリーを減らしても痩せてしまうばかりで血糖値がなかなか改善できません。

 

そこで注目されているのが糖質制限です。

 

糖質制限をすることで血糖値を上昇する原因を減らすことができます。
糖質の代わりにタンパク質や脂質を摂ります。

 

タンパク質や脂質はいくらたくさん食べても血糖値をあげません。

 

ダイエットや糖尿病でなぜカロリー制限より糖質制限が重要なのか?

 

糖尿病の食事療法にいいのです。

 

特に糖質制限は太っていないのに血糖値が高いという方に大切な食事療法の方法です。

 

ただし元々太っていて糖尿病という方は肥満を解消しないと血糖値を下げることはできませんので、カロリー制限も大切になります。

 

日本人はインスリン分泌力が弱く太っていないのに血糖値が上がってしまうということからカロリー制限よりも血糖値を上げる糖質を制限することがだと結論付けられます。