糖質制限チョコレート ノンシュガーチョコレート いくら食べてもいい

糖質制限・ノンシュガーチョコレートならいくら食べてもいい?

糖質制限・ノンシュガーチョコレートならいくら食べてもいい?

 

ノンシュガーチョコ・糖質制限チョコならどれだけ食べてもいいのでしょうか

 

太ったり血糖値が上がったりする心配はないのでしょうか。

 

残念ながらそうではありません。

 

その1.食べ過ぎると太る

まず一番目に食べ過ぎると太ります

 

確かにノンシュガーの人工甘味料はほとんどカロリーがないものや、カロリーが半分程度のものまでカロリーが少なくなっています。

 

しかしチョコレートチョコレートにはカカオマスという脂質がたっぷり入っている原材料が使われています。
ですので、砂糖の分のカロリーは減らしててもカカオマスのカロリーを減らすことはできません。
ですので、食べ過ぎるとカロリーオーバーになり太る可能性が高いです。

 

その2.若干血糖値を上げる

 

実は人工甘味料でも血糖値を若干あげるものがあります。

 

人工甘味料の中でエリスリトールは全く血糖値をあげません。

 

しかしマルチトール・ラカンカなどの天然甘味料そしてキシリトールなどの人工甘味料は若干ですが、血糖値を上げる作用があります。

 

マルチトールを例にすると血糖値が

  • 砂糖を食べた場合60mgから100mgまであがりますが
  • マルチトールを食べると60mgから66mgぐらいまで上がります。

 

つまり少しだけ血糖値が上がるということです。

 

ですので、糖質制限チョコレートだからといって過信していると血糖値が上がってしまう心配があります。

 

肥満に注意

糖質制限・ノンシュガーチョコレートならいくら食べてもいい?

 

どんな時に糖尿病になるかというとインスリンの分泌が少ない時、そして肥満している時です。

 

必ず糖尿病の方が太っているとは限らないのですが、太っている方は血中に糖質があまり過ぎて糖尿病になりやすくなっています。

 

ですので、糖尿病の予防や食事療法には肥満を治すことが大切です。

 

そのためにもノンシュガーチョコレートや低糖質スイーツでもたくさん食べ過ぎないにしたほうがいいでしょう。