糖類 炭水化物 糖質 違い

砂糖と糖類・炭水化物・糖質の違いとは?

糖質制限の基礎知識-砂糖と糖類・炭水化物・糖質の違いとは?

 

スーパーに行くと

  • 低糖質のスイーツ
  • 糖質30パーセントオフのビール
  • 糖質ゼロの人工甘味料
  • 低糖質の清涼飲料水

など様々な糖質制限食品が販売されています。

 

炭水化物・糖質・糖類・砂糖はごちゃごちゃに混ぜて使われていることが多く、違いがよくわからない方が多いと思います。

 

しかし実際には全く違うものですので、どの点が違うのかおさらいしておきましょう。

 

炭水化物・脂質・たんぱく質

糖質制限の基礎知識-砂糖と糖類・炭水化物・糖質の違いとは?

 

糖質や糖類の違いを知る前にまず炭水化物・タンパク質・脂質という3種類の栄養素について知っておく必要があります。

 

人間がエネルギー源にしているものは炭水化物とタンパク質脂質の3種類があります。

 

炭水化物は糖質と食物繊維に分かれていて食物繊維はカロリーがありませんが、糖質はカロリーがあります。
1gあたり4kcalあります。

 

ですので、ダイエットや糖尿病の血糖値を改善したい場合は炭水化物ではなく糖質を減らすことになります。

 

糖質とは

糖質制限の基礎知識-砂糖と糖類・炭水化物・糖質の違いとは?

 

その次は糖質と糖類の違いです。

 

糖質の方が広い言葉で糖質には様々な種類があります。

 

まず糖質はブドウ糖・二糖類・オリゴ糖類・多糖類とアルコールという種類の種類に分かれています。

 

食べるもので例えるとブドウ糖はそのまま口に入れて甘いもの、多糖類はデンプンでご飯や麺などに多く含まれるもの。

 

つまり糖質というのは甘いものも全く甘くないものもあり全ての糖質をまとめている言葉です。

 

糖類とは

それでは糖類とは何なのでしょうか。

 

糖類は簡単にいうと甘いと感じる糖質です。

 

糖類はブドウ糖や果糖のようにブドウ糖が1個で存在しているか2つくっついているかどちらかの形をいいます。

 

砂糖はもちろんのこと果物の頼みである果糖も糖類で麦芽糖などの調味料に使われている奄美も糖類です。

 

甘い味がしたら糖類だという風に覚えておくと分かりやすいです。

 

糖質の例

  • 甘い糖質 砂糖・果物の甘み・・・糖類
  • 甘くない糖質 ご飯やパン麺などでんぷん
  • 特殊な糖類 アスパルテームやエリスリトールなどの人工甘味料

 

甘くなくても血糖値を上げる

糖質制限の基礎知識-砂糖と糖類・炭水化物・糖質の違いとは?

 

このように砂糖・果物以外にも甘くない食べ物にも糖質が含まれています。

 

ご飯や麺類などがその例です。
甘くないので糖質が入っているとは感じられませんが、体の中で吸収されるとしっかりと血糖値を上げてしまいます。

 

そのため頑張って砂糖を減らしてもご飯や麺などをたくさん食べていると血糖値が上がってなかなか糖尿病の症状が改善しません。

 

糖質を多く含む食べ物

糖質制限の基礎知識-砂糖と糖類・炭水化物・糖質の違いとは?
糖質制限の基礎知識-砂糖と糖類・炭水化物・糖質の違いとは?

 

ダイエットや糖尿病の血糖値改善には糖質を含む食べ物をなるべく減らすことは大切です。

 

ご飯やパンそして麺類大量の糖質が含まれています。

 

芋類も注意が必要でジャガイモやサツマイモ芋たくさん含まれています。
砂糖はもちろんですが、蜂蜜など天然の甘みにも糖質が含まれています。
豆類では大豆は少ないですが、あずきやいんげんは沢山の糖質を含みます。

 

調味料にも注意が必要でケチャップや白味噌にはかなりの糖質が含まれています。

 

糖質が少ない食品

まず野菜、食物繊維を多く含まれる食べ物や大豆アーモンドなどのナッツや豆類そしてきゅうりや白菜大根などは糖質をあまり含んでいません。

 

また肉や魚もかなり糖質の量が少なく海藻やキノコも少ないです。

 

お酒では蒸留酒、例えば焼酎やウイスキーなどは糖質が少ないです。

 

人工甘味料

人工甘味料は口に入れると甘いと感じられますが、糖質をあまり含んでいません。

 

ですので、低糖質の食べ物です。

 

ゼロキロカロリーなのに糖質が入っている飲み物

スーパーの売り場に行くと0kcalなのに糖質が含まれているものがあります。

 

これは表示の間違いなのでしょうか。

 

実は今の食品の表示基準は人工甘味料のようにカロリーがなく血糖値を上げない材料でも糖質の種類であれば、糖質と書かないといけないという風に決まりがあります。

 

ですので、栄養表示錠では糖質が含まれていますが、実際にカロリーをとったり血糖値を上げてしまったりすることはありません。

 

ですので、糖尿病の方はダイエットしたい方がたくさん食べても血糖値を上げたり太ってしまったりする心配はありませんので、安心して食べることができます。